「デトックス」術

「デトックス」術に危険性や問題はまったくないのだろうか。第一、体の中に蓄積する毒素というのは一体どのような物質で、その「毒」は果たしてデトックスで排出できるのか?
肌の弾力を司るコラーゲンは、空から降り注ぐ紫外線に直接当たってしまったり様々な刺激を何度も受けてしまったり、心身のストレスが積もり積もって、破損し、終いには生成することが難しくなっていくのです。
患者さんは一人一人肌の性質は異なりますし、遺伝によるドライスキンなのか、もしくは後天性のものによる乾燥肌なのかに応じて処置の仕方が変わってきますので、思っている以上に配慮が必要とされるのです。
美容外科というものは、ヒトの体の機能上の欠損や変形部の矯正よりも、専ら美的感覚に基づいて人体における容貌の向上を重視する医学の一つであり、完全に独立している標榜科だ。
頬やフェイスラインの弛みは年老いて見える要因に。お肌のハリや表情筋の衰退がたるみに繋がりますが、実を言えばいつもおこなっているささいなクセも誘因に。

内臓の状況がキーポイント

あなたには、ご自分の内臓が健康だと言えるだけの根拠がおありでしょうか?“ダイエットしても痩せない”“すぐに肌が荒れる”などの美容に関する悩みにも、実を言うと内臓の状況がキーポイントとなっているのです!
トレチノイン酸療法は、頑固なシミを素早く薄い色に和らげるのに大変効果のある治療法で、中年以降にみられる老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・女性に多くみられる肝斑(かんぱん)・しつこいニキビなどに効果的です。
コラーゲンは、日光の紫外線に当たってしまったり何らかのダメージを与えられてしまったり、心身のストレスが徐々に溜まったりすることで、潰され、最終的には作られにくくなってしまうので注意が必要です。
日常的に爪の健康状態に気を配っておくことで、一見何でもないような爪の異常や体の異常に配慮して、より適切なネイルケアをおこなうことが可能になるだろう。
「デトックス」という言葉自体はそんなに目新しくはないが、間違いなくこれは「代替医療」や「健康法」の一種だと捉えており、医師が施す治療行為とは別物であるとわかっている人は意外なほど多くないようだ。

顔の加齢印象を強める重大な素因のひとつが、歯にこびりついた”蓄積くすみ”です。歯の外側には、見えないくらい小さな凹凸があり、毎日の暮らしの中でコーヒーなどによる着色やタバコのヤニなどの汚れが溜まっていきます。
日本皮膚科学会の判断指標は、①酷い掻痒感、②独自の発疹とそのエリア、③慢性・反復性の経緯3つすべてに当てはまる疾患を「アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)」と呼ぶ。
何となくパソコンの画面に釘付けになっていて、眉間に縦ジワを寄せ、更に口元は口角の下がったへの字(余談ですが私はこの形をシルエットが似ているので「富士山口」と言うこともあります)をしているのではありませんか?これはお肌にとって最悪です。
アイメイクを落とす時に化粧をきちんと落とさなければとゴシゴシとこするように洗い続けているとお肌が傷んだり炎症を起こす等して色素沈着し、目のくまの一因となります。
美白の化粧品であることを正式な媒体で謳うためには、薬事法を管轄する厚労省の認可が下りた美白に効果のある成分(特にアルブチン、コウジ酸など)を使う必要があるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする