健康な皮膚のターンオーバーは28日周期

アトピー要因:家族の病歴と既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)のうち何れか、もしくは複数)、IgE 抗体を生産しやすい主因、など。
本来、健康な皮膚のターンオーバーは28日周期になっており、365日新しい細胞が作られ、いつも剥落し続けているのです。こうした「日々の生まれ変わり」によって皮ふは若々しい状態を保っています。
日本皮膚科学会の判定の目安は、①酷い掻痒感、②特殊な発疹とその分布域、③慢性的に反復する経過、全て当てはまる疾患を「アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)」と言っています。
睡眠時間が不足すると人の皮膚にどのような影響をもたらすのかお分かりですか?その代表ともいえるのが皮膚のターンオーバー(新陳代謝)の遅延です。健康なら28日毎にある肌の生まれ変わるサイクルが遅れやすくなります。
頭皮のケアは通称スカルプケアとも呼ばれます。頭皮は髪の困り事の代表である「抜け毛」「うす毛」に深く関わっていると同時に、フェイスラインの弛みなどにも影響を及ぼしています。

化粧の良いところ

化粧の良いところ:新製品が発売された時の購買欲。メイク前の素顔とのギャップがおもしろい。多種多様なコスメに投資することでストレスが解消できる。化粧そのものの面白さ。
デトックスという言葉自体は既に浸透しているが、あくまでも「代替医療」や「健康法」のひとつとして考えていて、医師が施す治療行為とは違うことを解っている人は多くないのだ。
肌の乾燥による掻痒感の要因の大方は、老化に縁る角質細胞間脂質と皮脂の量の低減や、クレンジングなどの使い過ぎに縁る皮膚のバリア機能の無力化によって誘引されます。
メイクの利点:自分自身の顔を少しだけ好きになれる。顔に無数に点在する面皰・黄ぐすみ・毛穴・ソバカス・ひっかき傷等を隠せる。段々と美しくなっていく新鮮味。
「アトピー」とは「場所が限定されていない」という意味を持つアトポスと言うギリシャ語から派生し、「何かしらの遺伝的因子を保有している人に発症する即時型アレルギーによる病気」に対し名付けられたのだ。

メイクアップの欠点:ランチタイムにはお化粧直ししなくちゃいけない。すっぴんに戻った時に味わうギャップ。コスメの出費がかさむ。メイクしないと外に出られない一種の強迫観念。
身体中のリンパ管に沿うように移動している血行が悪くなってしまうと、大切な栄養や酸素がうまく運ばれず、最終的には脂肪を着けさせる大きな素因のひとつになります。
身体に歪みが発生すると、内臓同士が圧迫し合い、つられてその他の内臓も引っ張り合い、位置の異常、臓器の変形、血液に組織液、ホルモンの分泌などにもあまり思わしくない影響をもたらします。
ここ10年で一気に浸透したネイルケアとは、手足の爪や指先のお手入れを指す言葉。美容だけでなく、ヘルスケア、皮膚科医による医療行為、生活の質(quality of life=QOL)の保全など多くの扱い方が存在し、今やネイルケアは確立された分野と言えるようだ。
スカルプの状態が崩れる前にきちんと手入れして、健康的な状態を維持したほうがよいでしょう。悪化してから気を付けても、改善までに時間を要して、費用も手間も必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする