メイクの利点

メイクの利点:自分自身の顔立ちを少しだけ好きになれること。顔にたくさんある面皰・くすみ・毛穴・ソバカス・傷跡等を隠すことができる。時間をかけて素敵になっていく幸せ。
日本の医療がQOLを重視する空気に包まれており、製造業に代表される市場経済の発達と医療市場の急速な拡大もあって、美容外科(Plastic Surgery)はここ2~3年熱い視線を浴びている医療分野であろう。
美容整形をおこなう美容外科というのは、正式には外科学のジャンルであり、医療に主軸を据えている形成外科(plastic surgery、plastic…形を作るの意)とは別種のものだ。加えて、整形外科学と混同されがちだがこれはまったく分野が異なっている。
見た目を装うことで気分が良くなりおおらかになるのは、顔に悩みの有る人も無い人も一緒です。リハビリメイクは己の内から元気を見出せる最善の技術だと捉えているのです。
さらにもうひとつ、弛みに大きく結びつくのが表情筋。いろんな表情を生み出す顔にある筋肉のことです。真皮に存在するコラーゲンと同じく、この表情筋の働きも老化とともに鈍くなるのです。

内臓矯正

内臓矯正というものは近辺の筋肉や骨が素因で位置がずれてしまった内臓をもともと存在するべき場所に返して臓器の動きを向上させるという治療です。
日本の医学界全体がQOL(生活の質)重視の傾向にあり、製造業に代表される市場経済の爛熟と医療市場の拡大もあって、外見を自分好みに変化させられる美容外科はここ2~3年人気のある医療分野であることは間違いない。
美容外科というものは、身体の機能上の損壊や変形を修復することよりも、もっぱら美意識に基づく人間の身体の外見の向上を主軸に据える医療の一つで、完全に自立した標榜科のひとつだ。
UVを浴びたときにダメージを小さくする方法は3つあります。1.日焼けして赤くなっているところを冷却する2.いつもより多く化粧水を付けて潤いを保持する3.シミ予防のためにも剥がれてきた表皮をむいてはダメだ
今を生きる私たちは、365日体内に蓄積されていく深刻な毒を、バラエティ豊かなデトックス法を試用して追い出し、なんとしてでも健康な体を手に入れようと皆努力している。

ビタミンA誘導体であるレチノイン酸を用いた治療は、目立つ濃色のシミを短期間で薄くして目立たなくするのにとても優れている治療法で、原因不明の老人性色素斑(老人性しみ)・光治療の効かない炎症後色素沈着(PIH)・女性ホルモンと関わりがある肝斑・しつこく繰り返すニキビなどに用いられます。
頭皮ケアの主だったねらいとは髪の毛を健康にキープすることにあります。髪に水分がなく乾燥して艶がなかったり抜け毛が多いなど、たくさんの方が髪の毛の困り事を秘めているのです。
健康な身体にも生じる浮腫だが、これはむくんで当然。なぜか女の人は、ふくらはぎの浮腫を防ごうとしているが、ヒトなら、下半身がむくむということはいたしかたのない状態である。
メイクアップでは目立たなくすることに主眼を置いているわけではなく、リハビリメイクを介して最終的には患者さんが己の容貌を受容することができ、復職など社会生活への再出発を果たすこと、かつQOL(生活の質)を更に上げることが目的なのです。
我々が「デトックス」にのめりこんでしまう大きな理由として思いつくのは、私達が暮らしている環境の悪化だ。大気や土壌は化学物質で汚され、コメなどの食物には不自然に成長を促す化学肥料や有害な農薬がたくさん含まれているとまことしやかに囁かれているのだから無理もない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする