内臓の働きは大事

あなたには、ご自分の内臓が元気で健康だと言えるだけの根拠がどれだけありますか?“ダイエットしても痩せない”“すぐに肌が荒れる”といった美容トラブルにも、意外なことに内臓がきちんと働いているかどうかが関わっているのです!
かつ、皮膚の弛みに大きく関わってくるのが表情筋。いろんな表情を作る顔にある筋肉を指しています。真皮に含まれているコラーゲンと同様、この筋肉の機能も加齢とともに鈍くなります。
マスカラやアイカラーなどのアイメイクを落とすときにしっかり落とさなければとゴシゴシと洗い続けていると肌が荒れたり腫れるなどの炎症を起こして色素沈着へとつながり、目のくまの元凶になるのです。
爪の生成される様子は樹木の年輪のように刻まれる存在なので、その時に健康面で問題がないかどうかが爪に反映されることがよくあり、髪と等しくすぐに確認できて判断しやすいので健康のバロメーターとも呼ばれている。
20才を過ぎてから出来る難治性の“大人のニキビ”の社会人が多くなっている。10年という長い間こういった大人のニキビに悩まされてきた方々が皮膚科の医院の門をたたく。

日本人が「デトックス」の虜

日本人が「デトックス」の虜になってしまう大きな理由として考えられるのは、私達が暮らしている環境が汚染されていることにある。大気や土壌は汚され、食材には作用の強い化学肥料や有害な農薬がたっぷり使用されていると宣伝されているのだから無理もない。
細胞が分裂する速度を促進し、皮膚を再生させる成長ホルモンは明るい時間帯の活動している途中ではほとんど出なくて、夕飯を済ませてゆったりと身体を休めくつろいでいる状態で分泌されます。
睡眠が不足すると人の肌にはどんな影響をもたらすかご存知ですか?その代表格ともいえるのがターンオーバー(新陳代謝)が遅延すること。健康なら28日毎にある肌の入れ替わるスピードが遅れます。
美白(びはく)という概念は1995年から1999年頃に美容家の鈴木その子が必要性を唱えてブームになったが、90年代前半にはメラニンが原因の黒ずみ対策に活用されていたようだ。
健康な人間に起こる浮腫だが、これは当たり前のこと。特に女性は、脹脛の浮腫を嫌がっているが、人であれば、下半身のむくみ自体はまっとうな状態なのでさほど神経質にならなくても良い。

審美歯科(しんびしか)は、美を重視した総合的な歯科医療の分野。歯の存在意義には物を噛み潰すなど機能的な側面と、清潔感を与えるなど審美的な側面があり、共に健康に関わる非常に大切な要素だと言える。
体に歪みが発生すると、内臓と内臓が押し合うので、それ以外の内臓も引っ張り合ってしまった結果、位置の移動、変形、血液に細胞の組織液、ホルモンの分泌などにもあまりよろしくない影響をもたらすということです。
ドライ肌は、皮膚の角質細胞間脂質(セラミド)と皮脂分泌の量が水準値よりも低落することで、皮ふにある水分が失われ、肌がパリパリに乾燥する症状を指しています。
肌が乾燥する要因の一つである角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の低減は、アトピー性皮膚炎などの先天性のものと、老化現象や基礎化粧品や洗浄料による後天的な要素にちなんだものの2種類に大別できます。
紫外線を浴びたことによって発生してしまったシミを薄くするよりも、シミが作られてしまわないようにあらかじめ予防したり、肌の奥で出番を待っているシミの種を防ぐ方が有効ってご存知でしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする